参考

格安SIMの選び方

投稿日:2017年11月3日 更新日:

格安SIMの選び方は
まず格安SIMだけを買うのか端末とセットで買うのかを決めなければなりません。

データ専用なのか音声も使うかなど色々決めることが数多くあります。



スポンサーリンク

データー使用量

迷っているなら、おすすめは3GBです。

スマホ利用者の約80%以上がが毎月2GB以下のデータ使用量で収まっているようです。

ほとんどのMVNOの売れ筋は3GBです。

データー使用量は月に1回無料で変更できるので特に問題はないと思います。

データーSIMと通話SIM

データーSIM

データーだけで通話は出来ません。
しかし縛りがないので違約金がかかることはありません。
データ専用とはいえ、IP電話などを利用すれば電話機能も利用できます。
無料のSkype(スカイプ)などもつかえます。

今まで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合は、通話通話プランに申し込み、さらにAPNというシステムを利用になります。

SMS認証はオプションで大抵は使えるので使っておいたほうがいいと管理人は考えます。

通話SIM

データー+通話ができます。

最近、かけ放題のプランが出てきているので携帯との2台持ちもかなり解消されてきています。

多く通話をする人は、キャリアのかけ放題などのプランのほうが安くすむことがありますので良く調べたほうがいいです。

SMS認証もほとんどが標準でついています。

回線

回線はキャリアのすべてが使えるようになりました。

といってもauもソフトバンクもまだまだ数は少ないです。

ドコモの対応力はすごいけれどauやソフトバンクは速度が速いと評判なので考える余地は十分あります。

料金

ほとんどのMVNOは料金的に横並びです。
そんな中でしのぎを削って料金を安くしているMVNOもありますのでよく調べてみることは必要と思います。

SIMのサイズ

simには大きさが有りnanoSIMかmicroSIMのどちらかになります
大きさは間違えないようにしましょう。

端末

端末を持っている場合、SIMフリーなのか調べる必要があります。

SIMフリーじゃなかったらキャリアでロックを解除してもらいます。(中にはロックを解除できないものもあります)

SIMフリー(またはSIMロック解除済み)スマホは、原則としてどのMVNOでも利用可能です。




-参考

執筆者:

関連記事

Wi-Fiが使える格安SIM

Wi-Fiとは、無線LANの規格のひとつで家の中で使っているパソコンやタブレットなどのネットワーク対応機器が、無線の電波で接続できるようになる技術です カフェや公共施設で公衆無線LANサービスが利用で …

キッズ向け格安SIM

子供に持たせるスマホにオススメなMVNO(格安SIM)を紹介します。 目次1 トーンモバイル1.1 TONEファミリー1.2 子どもをスマホで守る。トーンモバイルなら可能です1.3 お子様にオススメな …

高齢者向け格安SIM

MMD研究所の調査べによれば、年々スマホに乗り換えるシニア世代は増えており、2016年のシニアのスマホ所有率は38.5%と、2015年度より10%以上増えています。 高齢者(シニア)の方もスマホを生活 …

iPhoneを取り扱っているMVNO

ほとんどのMVNOはiPhoneと格安SIMとはセットで買えません アップルの人気スマホiPhoneのセット購入できるMVNOが、最近出てきているので紹介したいと思います iPhoneを動作確認したM …

無料通話アプリ

データーSIMでも通話が出来ます。 音声通話付きSIMじゃないと通話ができないと思っている人は結構いると思います。 しかし、データーSIMでも無料通話アプリを使えば通話が出来るようになります それも料 …



ゲームをする人におすすめ
AIRSIMモバイル
LinksMate